働くなら派遣で週3日!

それくらいがちょうどいい!

週3日だけ働くには?フリーランスも検討

週3日派遣で働くためのステップ

IT系ならフリーランスの週3案件も検討

IT系ならフリーランスの週3案件も検討

週3日で働くフリーランスになる

IT系の職種の中で週3日働ける派遣社員としての仕事は数多くありますが、Webデザイナーやプログラマーなどであれば、派遣ではなくフリーランスとして働くという方法もおすすめです。スキルや経験があっても正社員のような働き方ができないという主婦層などは、フリーランスのITエンジニアとして活動すれば、時間や場所にとらわれることなくやりたい仕事やできる仕事を自由に手がけることができます。最近では週3日から参画できるフリーランス向けの案件も増えてきているので、仕事とプライベートを両立したい人はチャンスがたくさんあります。スキルと経験がある人がフリーランスになるのは簡単なことですが、仕事をどのように探せばいいでしょうか。その点について次にご紹介します。

フリーランス専門エージェントを活用する

IT系フリーランスの場合、企業とフリーランスをマッチングさせる専門のエージェントが充実しています。ただ、エージェントの数もそれなりに多いので、サービスの質に差があることも事実です。優良なエージェントをしっかりと見極めるためにはいくつかのポイントをチェックするといいでしょう。エージェントは、人材を紹介して契約が成立すると発生する手数料を得るという形で事業が成り立っていて、案件を探すフリーランスは全てのサービスを無料で利用することができます。
保有する案件と紹介実績が多いエージェントは、それだけ経験も豊富で企業との信頼関係もしっかりしていることが多いので、フリーランスの要望を的確に把握して、希望にマッチした案件を迅速に紹介することができます。もし、ヒアリングもそこそこに希望とは違う案件を紹介したり、気が進まないのに契約を迫ってきたりするようなエージェントだった場合には、先々のことも考えて利用しない方がいいかもしれません。また、案件の紹介から参画までのサポート状況だけでなく、フリーランスとしてやっていく上での様々な面をどのようにサポートしてくれるのかについてもチェックしておきましょう。

IT職全般の案件探しなら「トップランサー」

「トップランサー」は、様々な分野のIT系フリーランスと企業をつなぐサービスを提供しています。

トップランサーロゴ トップランサーにフリーランスのプロフィールやポートフォリオを掲載したり、自らが作成したデジタルコンテンツの販売をしたりすることが可能なサイトです。

エンジニアなら「レバテックフリーランス」

プログラマーやデザイナーなど、IT系エンジニアにおすすめのエージェントが「レバテックフリーランス」です。

レバテックフリーランスロゴ 公開されている案件以外にも非公開案件を多数保有していて、専門知識の豊富なテクニカルカウンセラーや企業との架け橋となる企業担当、案件参画中もしっかりとサポートしてくれるフォロワーと万全のサポート体制が整っているのが魅力です。